学校の歴史

 同窓会会長あいさつ

 同窓会会則

 同窓会役員

 幹事

HOME > 同窓会について > 同窓会会長挨拶 

同窓会会長挨拶

 平素よりトヨタ東京自動車大学校同窓会の活動にご理解とご協力を賜り、心より感謝申しあげます。本年7月11日に開催されました第5回同窓会総会におきまして、杉前会長のあとを受けて会長を務めさせて頂くことになりました矢島と申します。よろしくお願い申し上げます。
 さて当校は1954年に開校、本年、創立63周年を迎え、卒業生は24,000名を超えて全国各地のみならず海外において活躍されている方もいらっしゃいます。
 また同窓会は、1990年1月に発足以来28年を経て、今般の母校での第5回総会には、立川時代の1958年卒の大先輩から本年卒業したばかりの同窓生が集まり、また、地域的には青森、岩手から鹿児島までと全国各地から駆けつけて頂きましたこと、心より感謝申し上げます。

 同窓会は会則にもあります通り、会員相互の親睦をはかり母校の発展に寄与することを目的とし、①会員相互の親睦及び相互扶助に関する事業、②母校諸事業の後援、③母校学生募集活動への支援及び後援、④会員データの管理、⑤その他適当と認めた事業を遂行することとなっています。

 母校あっての同窓会との観点から、2009年に「同窓会奨学金制度」を新設し、同窓会会員のお子様、ご兄弟・姉妹、お孫さんには、一律5万円のご支援をしており、発足以来、この9年間で101名の方にご利用頂いております。同窓生のご家族の皆様へも母校の魅力を是非とも伝えて頂くことで、この制度をご活用頂ければと思います。更には、ご近所の方、知人のお子様たち等へも母校をご紹介頂けますようお願い申しあげます。

 また、今回の同窓会会則改定に伴い、支部の設立を推進することと致しました。母校と連携し、まずは神奈川県での支部結成を当面の目標として具体化し、その後は、地域毎の同窓生のつながりを強められるよう各地での支部開設に向けて努力して参ります。あわせて、トヨタ系の各販売店には同窓生が多く在職されていますので、今後、支部会運営のためのご協力をお願いしたいと考えています。そのためにも同窓生の皆様にはご支援、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 私は、母校・トヨタ東自大と我々同窓生は車の両輪であり、お互いの活躍が相互の発展につながると信じております。その思いを共有できる同窓会活動を、常任委員会メンバーと皆様とで実現させていきたいと思います。共に母校の発展に向け歩んで参りましょう。よろしくお願い申し上げます。

2017年(平成29年)7月11日
専門学校トヨタ東京自動車大学校同窓会
会 長  矢 島 一 豊

 


当ホームページは、PDF等を、使用したコンテンツをご用意しております。
プラグインソフトウェアは上記よりダウンロードできます。